最恐スポット!摩耶観光ホテルを徹底検証


mayakan

今なお最恐スポットに名前が出てくる「摩耶観光ホテル」

通称「摩耶観」

今回は、摩耶観光ホテルについて調べてみました。→ ranking




摩耶観光ホテル

mayayaya

摩耶観光ホテルは、神戸市灘区の摩耶山の中腹に存在したホテルです。

1929年11月に営業を開始したようです。

鉄筋コンクリート造で、「軍艦ホテル」とも呼ばれたホテルです。

1945年(昭和19年)に第二次世界大戦の影響で、ホテルの営業が

一時休止されました。

戦争で大きな被害を受けますが、1961年に全面改装しオープン。

しかし、その6年後の1967年にホテルの営業を停止。

台風被害や、客足の減少が理由のようです。

その後1974年頃から、学生のゼミ合宿やサークル合宿専用の

「摩耶学生センター」として利用されていましたが、1993年には、

この使用も停止となったようです。

その後の阪神淡路大震災により、建物に大きなダメージを負い、

立ち入り禁止となり廃墟と化しました。

摩耶観光ホテル 行き方

maya1

摩耶観光ホテルの現在の所有者は個人様になってるようです。

ですから、立ち入り許可を得るのは正直不可能かと思われます。

立ち入る事の無いようにお願いしますね。

行き方としては、摩耶ケーブルの虹の駅が近いようです。

nijinoeki

でも、柵があるんで超えない方がいいと思います。

摩耶観光ホテル 建設~閉鎖まで

摩耶観光ホテル(以下「マヤカン」)が建てられた当時のことを

調べてみると、面白いことが分かります。

摩耶山には摩耶山天上寺というお寺があります。

この摩耶山天上寺参詣が阪神電鉄が神戸~大阪区間を開通したことで

非常に人気が出たようです。そこで、阪神が摩耶ケーブルを完成させ、

摩耶山観光の下地を作りだしました。

摩耶ケーブルの駅の周りに、摩耶花壇(現在は廃墟)、食堂、遊具施設、

など様々な施設がつくられたようです。

その中で、「マヤカン」も建設されたのでしょう。

panoramazu

引用先 http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20151021

当時は、非常に人が集まっていたようです。

そこに「マヤカン」を建設するのには、それなりの覚悟が

いったはずです。

1929年11月17日、「マヤカン」はお披露目されます。

洋風でおしゃれば風貌のホテルはかなりの話題をさらったと

されています。おそらく、当時としては斬新すぎる

ホテルだったのではないでしょうか?

その人気を感じさせるデータがあります。

摩耶ケーブルは1924年にスタートし、55万人の乗客数を記録。

その後は減少していったようです。しかし、1930年には60万人の

記録があるようですので、「マヤカン」効果と言って良いでしょう。

絶大な人気があったようです。

その後、大戦があり、ケーブルが止まり「マヤカン」は没落したと思われます。

その後、1950年代にケーブルが復活し、再度客足が帰って来たようです。

しかし、「マヤカン」は大戦の被害を大きく受けていた。

1961年に、民間業者によって「マヤカン」は復活します。

当初は順調に客足も増え、順調だったようですが悲劇が起こります。

1967年に台風被害を受けてしまうのです。

この被害状況ははっきりわかっていません。この台風で閉鎖したとか、

客足の減少だとか謎のままです。

また、1976年の天上寺火災で、この辺りの観光地は壊滅的ダメージを受けます。

この火災で天上寺は摩耶別山に移転。摩耶中腹にお客さんが来なくなり、

商店や遊戯施設はなくなってしまったようです。

摩耶学生センターへ

マヤカンは、ホテルとしての営業を終えた後、摩耶学生センターに

変わり、営業をしていたようです。

学生のゼミ、サークル等に使用されていたとの情報が多数あるので

おそらく学生の合宿センターになっていたのでしょう。

しかし、これも1993年までで終了。

おそらく、利用も少なく様々な問題が出ていたのでは?

と予想されます。

その後、解体されることもリニューアルされることもなく

現在、廃墟となり存在しています。

まとめ

非常に昔ですが、一度近くまで行ったことがあります。

その時は、まだ建物に近づくことも出ました。

夜だからか、独特の景観でした。

今でも、あの何とも言えない「マヤカン」を思い出します。

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です