「ZOOMBIE ズーンビ」評価と感想


zoombies
動物ゾンビパニック!「ZOOMBIE ズーンビ」見ましたよ。

これは、なんともゾンビ動物園ですな。。。⇒ranking





ZOOMBIE ズーンビ」映画データ

【原題名】ZOOMBIES

【監督】グレン・ミラー

【脚本】スコッティ・ミューレン

【出演】アイオン・バルター/アンドリュー・アスパー/マーカス・アンダーソン/ キム・ニールセン/ララ・ネスター

2016年 アメリカ 88分

ZOOMBIE ズーンビ」ストーリー

エデン野生動物園。絶滅危惧種の保護を目的とし、動物たちのありのままの姿を見ることができ、自然の驚異を体験できる広大なテーマパーク。アプリで園内を 歩き回る動物たちの居場所がわかるのも魅力的だ。来たる一般公開を控え、園内では職員たちの研修が行われていた。そんな中、診療所で治療を受けていた猿が 発作を起こし、心臓が止まってしまう。しかし、突如奇声をあげて蘇った猿は獣医に襲い掛かり、駆け付けた警備員をも喰い殺し外へと逃げ出してしまう。通報 を受けた園長のエレンは、すぐさま動物園を封鎖するが…。

アルバトロス公式サイト」より抜粋

ZOOMBIE ズーンビ」感想

この映画は大ヒット海外ドラマ『Zネーション』のスタッフが手掛けた

ゾンビ・パニック系の映画。

ゾンビ好きの私としては、見るしかないって感じですね。

まず始まって分かるのが、「ジュラシックワールド」を意識してるな~

ってことがガンガンに伝わってきます。

スタッフは「ジュラシック~」を作りたかったんだろうな~。

主人公のエレンも「ここはジュラシックパークじゃない」的な

事も言うので、やっぱりとうなずくこと請け合いです(笑)

でストーリーは意外にトントンと進みます。

オープン前のばかでかい動物園内で発生するサルの異常事態。

どうやら、何かに感染した猿が原因?のようで、サルたちが

ゾンビ化(?)します。

目が白くなって、暴れまわるんですけどね(笑)

この映画では、目が白くなれば「ゾンビですよ」という

目印のようです。

オープニングからこの白目猿が暴れまわって、研究所の

みなさんをやっつけまくります。

まあ、CG満載で、しかもちょっとお安い感じなので

なんとなく、違和感があります。

生物学の研究で来ていた学生とエレンと娘、飼育員たちが

狂暴化した動物たちに襲われていくわけですが、その

襲われっぷりも中々の方法で楽しませてくれます。

麒麟たちに、体を引きちぎられたり、イノシシに襲われたり

ライオンに襲われて瞬殺されたり・・・

でも大丈夫です。ショックシーンはほとんどありません(笑)

「ウワ~」「やめて~」という絶叫の中、苦悩するエレンの

映像でその衝撃シーンを想像してください、という演出です。

そんな、グダグダな感じで映画は進みます。

そうそう、ゾウさんは、ゾンビにならないみたいでした。

ゾウに乗って園内を歩くシーンは、かなりシュールなので必見です。

まあ、ゾウに乗ってませんけど。

クライマックスのシーンもかなり手に汗握ります。

ワイヤー滑車で園内から逃げるんですが、案の定ワイヤーが千切れかけます。

この千切れるカットがかなりいい感じです。

正直笑えます。子どもも笑ってました。

全然、ドキドキしません。ポヨ~ン、ポヨ~ン、みたいな感じで

ワイヤーが千切れます、

でここで、1人が残念ながら脱落するんですが、ここも

コントのワンシーンのようです。

これも必見ですね。

まあ、ゾンビと言うより動物のパニック映画と言う方が

合ってるんじゃあないでしょうか。

B級好きなマニアにはオススメできる映画かもしれません。

私的には★2点くらいですが・・

評価 2点

★★☆☆☆

ZOOMBIE ズーンビ」予告編


スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です