【映画】バグズをぶっ潰せ!!今見ても面白い「スターシップ・トゥルーパーズ」


ポール・バーホーベン最高傑作!

1997年のアクション戦争映画「スターシップ・トゥルーパーズ」

これ、メチャクチャ面白い映画です。

今見てもバグズとの戦闘は血沸き肉踊りますね。

ranking





「スターシップトゥルーパーズ」あらすじ

民主主義崩壊後の新政府、地球連邦では軍部を中心とした
「ユートピア社会」が築かれていた。

社会は清廉で、人種・男女の差別なくまったく平等に活躍しているが、
軍歴の有無のみにより峻別され、兵役を経た「市民」は市民権を有し、
兵役につかなかった「一般人」(劇場版日本語字幕では「庶民」)
にはそれが無い。

銀河全体に殖民を始めた人類だが、その先で遭遇した先住の
昆虫型宇宙生物(アラクニド・バグズ)の領域を侵したため紛争が発生し、
アラクニド・バグズが地球に対し小惑星を突入させる奇襲攻撃を
仕掛けてきたため、全面戦争が始まった。

主人公ジョニー・リコは、高校卒業後地球連邦軍に入隊して
宇宙戦艦のパイロットを志望するカルメン・イバネスに憧れ、
両親の反対を押し切って軍に入隊。

優秀なカルメンは艦隊アカデミーへ、超能力者の友人・カールは
情報部へ配属されるが、リコは機動歩兵隊へ配属され、訓練キャンプで
しごかれる日々を送る。訓練中、自らの判断ミスにより同期一人を
殉職させる事故を起こしたことで、一旦は軍隊をあきらめようと
したリコだったが、奇襲攻撃で故郷ブエノスアイレスが壊滅したため
機動歩兵に復帰し、宇宙での戦いに加わる。

厳しい戦いで仲間を次々に失うなか、次第に戦士として成長していくリコ。
そして侵攻した惑星で、知能を持ったバグ(ブレイン・バグ)に
とらわれたカルメンを救出しようとする。

引用先 Wikipedia

「スターシップ・トゥルーパーズ」映画情報

製作国:アメリカ

上映時間:129分

監督:ポール・バーホーベン

キャスト:
キャスパー・ヴァン・ディーン
マイケル・アイアンサイド
デニス・リチャーズ

「スターシップ・トゥルーパーズ」レビュー

『スターシップ・トゥルーパーズ』は、ロバート・A・ハインラインの
同名SF小説『宇宙の戦士』を実写映画化した作品です。

1997年にポール・バーホーベン監督が撮った作品。

約20年前の映画ですが、当時見たときはかなりの衝撃でした。

まず、結構グロいんです。

ポール・バーホーベン監督は「ロボコップ」を撮っており

当時はロボコップもグロいといわれていましたが、

そんなの比較にもならないくらい突き抜けています。

バグズとの殺戮シーンもすごい迫力。バグズがめちゃめちゃ固いし。

ウワァ~~~と走ってきて、グサッ!と兵隊たちを

やっつけていく衝撃は今でも忘れられません。

また、個性派俳優「マイケル・アイアンサイド」の演技が

炸裂しています。

好きですねこういう人。。。

もう、はっちゃけすぎてます。

まあ、始まってから、グイグイ引き込まれてあっという間の

2時間になると思いますよ。

ストレス解消にもいいですね。

でも、ちょっとえぐいシーンもあるんで、そういうのが苦手な人は

パスするほうがいいかもですが・・・

「スターシップ・トゥルーパーズ」予告編

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です