「グレイテスト・ショーマン」はメチャクチャに元気が出る映画だ!!

Pocket

「グレイテスト・ショーマン」と映画をご存知でしょうか?

この映画、とんでもなく元気が出る映画です。

楽しい映画を見たい!そう思ってるなら超お勧めします!!




「グレイテスト・ショーマン」あらすじ

主人公のP.T.バーナムは<ショービジネス>の概念を生み出した男。誰もが“オンリーワンになれる場所”をエンターテインメントの世界に作り出し、人々の人生を勇気と希望で照らした実在の人物だ。そんなバーナムを支えたのは、どんな時も彼の味方であり続けた幼なじみの妻チャリティ。彼女の愛を心の糧に、仲間たちの友情を原動力に、バ ーナムはショーの成功に向かって、ひたむきに歩む。

引用先 https://filmarks.com/

 

「グレイテスト・ショーマン」キャスト

監督 マイケル・グレイシー
脚本 ビル・コンドン
ジェニー・ビックス
原案 ジェニー・ビックス
出演者 ヒュー・ジャックマン
ザック・エフロン
ミシェル・ウィリアムズ
レベッカ・ファーガソン
ゼンデイヤ

 

「グレイテスト・ショーマン」感想

この映画は、19世紀に活躍した興行師、P・T・バーナムの成功を描くミュージカル映画。

P・T・バーナムをヒュー・ジャックマンが演じています。

Xマンのウルヴァリンのイメージが強いジャックマンですが、素晴らしい演技で魅了してくれます。

全編を、踊りと音楽でちりばめた作品なので、ストーリも速いテンポで進んでいきます。

海外での批評家の評価は真っ二つに分かれています。しかし、公開されると観客の口コミで動員は伸びていったようです。確かに、ストーリー的にはあらもありますが、それ以上に音楽と踊りで楽しませてくれます。

バーナムはサーカスを始めた興行師として有名な実在した人物です。

この映画では成功と挫折、再復活を描かれていますが、現実的にもそうだったようです。

また、ジェニー・リンドと米国での公演も本当だったようで、これは驚きでした。

ジェニー・リンド役(レベッカ・ファーガソン)

彼女が劇中で歌う「Never Enough」は鳥肌ものです。

ささやきながら歌いだし、体全体で歌いつくしていく後半は歌に魅了されました。

なかなか、こんな経験はありませんでしたよ。

 

また、この「Never Enough」以外にも名曲がずらりと用意されています。

映画が始まってまずかかるのが「The Greatest Show 」です。

予告編でもかかる音楽ですが、これ聞いただけで元気なってきますね。

他にも、「This is Me」なんかも名曲ですね~~。

バーナムは、ちょっと変わった特技を持つ人や風貌の人を集めてサーカスをしだします。

その中に、ヒゲ女として人気を博すパフォーマーのレティ・ルッソがいます。

このレティを、キアラ・セトルが演じています。実は、「グレイテスト・ショーマン」のワークショップ動画があるんですが、その中のキアラが皆の前で歌った動画があるんですが、これが非常に感動モノの動画になっています。

不安とプレッシャーで歌いにくそうに始めるキアラが、徐々に歌に入っていき廻り全員のセッションとなるんですが、ヒュー・ジャックマンも感極まっています。

これを見るだけでも、この映画の凄さを感じられるんではないでしょうか?

この動画は何度見ても感動しちゃいます。

歌の力、一体になる力、人にはすごい力があるんだなって感じます。

全編、このように感動と元気を与えてくれる映画。

「グレイテスト・ショーマン」は絶対おすすめです!!