木村拓哉は“SMAPを裏切った”と分かりながら行動していた?!


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

SMAP解散の余波はまだ続いているようで・・・

木村拓哉さんの、雑誌で発言した言葉が注目を集めています。→ ranking




「矛盾のかたまり」発言の真意

 7月20日に発売されたカルチャー誌「SWITCH」(スイッチ・パブリッシング)の木村拓哉特集が、今、改めて注目されている。

同誌は、木村を「日本のエンターテインメントに輝く唯一無二・絶対無比の存在」「孤高であり、イメージはアウトロー」と評し、12ページにわたる特集「木村拓哉 アウトローへの道」を掲載。全て私服で挑んだという撮りおろし写真のほか、ロングインタビューが掲載された。

木村は、自身が影響されたアメリカンロックや、カジュアルブランドについて語っているほか、ジャニーズ入所前を振り返り「アンチアイドルだったし、アンチジャニーズだった。つまりいまの自分は、言わば矛盾のカタマリなんです」と自己分析。さらに、仕事のモットーについて、「僕は“仕事”はするけど“ビジネスライク”が嫌いなんです。『この人だから』という信頼が、自分にとっては何よりも大きい」と明かしている。

「『アンチジャニーズだったが、今は矛盾のカタマリ』発言は、退社に追い込まれた元マネジャーの飯島三智氏を切り捨て、SMAPで唯一“ジャニーズ寄り”の姿勢を見せた木村に、まさに当てはまっている。昨年末以降、本人に『元マネジャーや4人を裏切った』という自覚があったからこそ、“矛盾のカタマリ”という強い言葉を選んだのでは?」(芸能記者)

だが一方で、「“ビジネスライク”が嫌い」発言は、信頼していた元マネジャーやメンバーよりも、保身のために事務所の権力を優先した木村だけに、戯言にしか聞こえない。

そもそも「アウトロー」という言葉の意味は、「法律を無視する人。無法者。無頼漢」(大辞林より)。ジャニーズ権力に媚びる現在の彼からは、最もかけ離れた言葉にも思える。

案の定、ネット上では、「ジャニーズに媚び媚びなのに、アウトローとかw」「月9俳優がアウトローってw」「SMAPを裏切ったから、アウトローってこと でいいんじゃね?」「親友がつよぽん(草なぎ)しかいない慎吾ちゃんのほうが、よっぽどアウトローでしょ」などと失笑が起きている。

「この特集の取材が行われたのは、おそらく4~5月頃。まだ、“活動休止”や“解散”という話は出ていなかったものの、木村はSMAP内で完全に孤立しており、世間からすでに“裏切り者”とバッシングされていた。木村の好感度が急落したことに慌てた事務所が、雑誌サイドに企画を持ち込んだのでしょうが、その内容が今となっては世間の笑い種になっている。ジャニーズ事務所は、『何をやっても完璧なキムタク』を見せれば好感度が回復すると思っている節があるようですが、今これをやっても、ファンから『またジャニーズのキムタク贔屓が始まった』と批判されるだけ。ジャニーズのフォローは、空回っています」(同)

先月25日に放送された木村の特集番組『SMAP×SMAP PRESENTS 木村拓哉先輩、 ついて来てもらっていいですか?』(フジテレビ系)も、「何をやっても完璧なキムタク」が全面に出ており、「好感度回復に必死」「ジャニーズの戦略が見え見え」と揶揄されてしまった木村。“キムタク”ブランドは、このまま崩壊してしまうのだろうか?

[引用元:日刊サイゾー より]

キムタクの価値が大暴落しています。

一歩踏み間違えれば、取り返しがつかなくなる。

やはり、世間やファンを甘く見た結果でしょうか?

画像1

画像2

画像3

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です