ロストバケーション 評価と感想


rost

誰もいないビーチ、サメ、美女。

緊張しっぱなしの90分。それが「ロストバケーション」

“サメパニックムービー”として、久々のヒット作と言うことで
見てみましたよ!⇒ranking





「ロストバケーション」あらすじ

休暇で秘境のビーチに来た医者のナンシー(ブレイク・ライヴリー)は、
サーフィンを楽しんでいた最中に脚を負傷する。

何とか近くの岩場にたどり着いたものの、ナンシーの存在に
気が付いたサメが周囲を旋回していた。

海岸までおよそ200メートルだが、その岩場が満潮で
海面下に沈むまであと100分。
危機的な状況に追い込まれたナンシーは……。

引用先 シネマトゥデイ

ロストバケーション 映画データ

原題 「Shallows」(浅瀬と言う意味だそうです)

監督 ジャウマ・コレット=セラ

脚本 アンソニー・ジャスウィンスキー

出演 ブレイク・ライブリー

主役がメチャ綺麗

まずは、主演のブレイク・ライブリーさんがメッチャ綺麗!!

bnsididsmjsdo

凄くキュートですよね。

ほぼ出演者は彼女のみ。と言ってもいいくらい、全編に彼女の
セクシーな水着姿が登場します。

もう、それだけでも充分なくらいですが(笑)

彼女の出演作としては、グリーン・ランタンやザ・タウン、
テレビドラマで、ゴシップガールなどに出演しています。

なんせ、彼女が強くて美しいんです。

サメに太ももを噛まれてしまうんですが、医療知識を
持っているので自分で縫合をしたり、止血をしたりと
極限状態の中でも冷静に状況を分析します。

また、岩礁で助けを待つんですが、満ち潮のタイムリミット
もあり、緊張感が全編を通じて張りつめます。

徐々に、体力を消耗するナンシー。

nancy

映画の彼女はこんな感じです。

かなり、消耗して極限になりつつある場面です。
でも綺麗んですよね~~(笑)

なんせ、ブレイク・ライブリーをずっと見てたらあっという間に
映画が終わってしまった感じでもあります。

かといって、映画内容がツマラないわけではありません。

助けに来てくれた人たちが、サメにやられたり、サメを燃やしたり
最後の最後で「あの人」がきてくれたり!!

などなど、飽きない演出で最後まで引っ張ってくれます。

ただ、岩礁でのシーンが非常に長いです。
もう少しテンポが速いともっと楽しめたのかもしれません。

展開も、岩礁を出る決意をしてからクライマックスに向かうので
そこまでは、ちょっとゆったりめです。

でも、ブレイク・ライブリーの魅力でカバーできてるんですよね。

まあ、この映画、彼女のワンマンショー的な面は否めませんが、
しかしながら、見ておいて損はしない映画です。

「オープン・ウォーター」的な感じの映画ですね。

でお、こっちの方が、明るい感じですし、ブレイク・ライブリーが
・・・もういいって(笑)

サメの映画で面白いのが見たい!
と言う気分であれば、「ロストバケーション」はおすすめしますよ。

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です