Lamyの万年筆ってどれがいいの?おすすめランキング


Lamy(ラミー)の万年筆をご存じですか?

私は、最近知りました。(笑)

この万年筆、一度使うとちょっとはまってしまいました。

で、ちょっと自分好みの万年筆を探そうとLamyを調べてみると
いろんな種類があることがわかりました。

いったいどれがいいんだろう?!

ranking





Lamy(ラミー)万年筆の種類

Lamyはドイツにある、万年筆など筆記具を生産しているメーカーです。

このメーカーの製品は、機能性もいいんですが、デザイン性がよく、
限定カラーなどは即完売するほどの人気があります。

当然、書き心地も非常によく、全世界のファンがいるメーカーなんです。

そんな、Lamyの万年筆を買おうとネットで見ると、いろんな種類が
あって、どれがいいのか迷いまくってしまいました。

そんな種類の中のまずは、スタンダードがこれです。

LAMY safari(ラミー サファリ)

Lamy safari(ラミー サファリ)

ラミーの万年筆の定番中の定番がこれ、safariシリーズです。

定番色は、黒、イエロー、ブルー、レッド、スケルトン、
ホワイト、シャイニーブラック

自分の好みで色を選べるのがいいですよね。

握った感も非常にしっくりきます。

最初、固めに感じるかもしれませんが、使ってると自然に
柔らかくなってきます。

カートリッジ、コンバーター両用式です。

定価 4000円

アマゾンならこの値段です

LAMY AL-star(ラミー アルスター)

Lamy AL-STAR(ラミー アルスター)

ラミー アルスターは、「ラミー サファリ」のボディを
アルミ製にしたモデルです。非常に人気があります。

「ラミー サファリ」 の特徴を踏襲しながら、ボディは少し太め、
ビジネスや生活の場で使うための少し落ち着いたイメージです。

万年筆のペン先はスチール製。

高級感があり、ビジネス用におすすめです。

カートリッジ、コンバーター両用式です。

定価 5000円

アマゾンならこの価格です

LAMY Lx(ラミー ルクス)

Lamy Lx(ラミー ルクス)

ラミー ルクスは、高い機能性と洗練されたモダンさが融合したシリーズ。

非常に高級感があるシリーズですね。

Lx(ルクス)というのは、照度(明るさ)の国際的な単位を指す
英語である“lux”のドイツ語での発音から名付けられたようです。

その名の通り、光沢のある明るい色合いが多いですね。

ペンと同色のアルミニウムケースが付属し、ギフトにも最適です。

カートリッジ、コンバーター両用式です。

定価 8000円

アマゾンならこの価格です

結局・・・

悩みに悩んで結局のところ、ラミーの定番である
safariシリーズの赤色を購入しました。

まだ届いていないので、到着したら早速レビューしてみようと思います。

万年筆、使ってみると意外にはまってしまいますよ!

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です