SMAPメンバー3人が独立。その後にあるいばらの道とは?!


9月8日、SMAP元メンバーの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが
ジャニーズ事務所を退社、独立する。→ranking





(以下引用)

昨年末に解散してからも、ジャニーズのソロタレントとして活動してきた3人。それによって再結成という一縷の望みも持たれていたのだが、彼らの決断は、その可能性の芽を完全に摘んだ。
「これはもう、自分で決めたことですし、その現実というものを受け止めてもらわないといけないと思います」
8月18日には『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、ファンに向けて“本心”を語った稲垣。「自分で決めた」─。脱退に関して初めて口を開いたのだった。
「スケートボーイズ時代を含む30年をともにした、中居正広や木村拓哉と袂を分かつことは苦渋の決断だったことは容易に想像できます。それに、安泰が約束された地位を捨ててまでジャニーズを出ることを選んだのです」(芸能レポーター)
一昨年に思い描いていた独立とは違えども、初志貫徹を通した稲垣たちだった。とはいえ9月9日以降、彼らの姿をいっさい見ることができなくなるわけではない。稲垣は『ゴロウ・デラックス』(TBS系)、草なぎは『『ぷっ』すま』(テレビ朝日系)、香取は『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)と、3人のレギュラー番組の続投が決まっている。これはきわめて異例の措置だとも。
「番組サイド、そしてスポンサーは事務所所属を前提に契約を交わしているのですから、独立イコール、終了が通常です。ですがブラック企業とも揶揄されたジャニーズだけに、番組を終了させて、さらなる批判を招くことを恐れたのでしょう。各局に1番組を放送させることで落ち着いたように見えます」(テレビ誌記者)
個人での活動はちゃんとできるの!?
ひとまずファンも安心できるが、脱退組のゆく道は決して楽観視できるものではない。それぞれが個人で活動していくというのだが……。
「とある映画プロデューサーが稲垣さん本人にオファーを出したところ、“弁護士から連絡させます”と言われたそうです。何でもSMAPについていた事務所スタッフをデスクに置いてオファーを受けて、弁護士と相談して仕事を受けるかどうかを判断するというのです。つまりはアメリカのようなエージェント方式ですね」(芸能プロ関係者)
しかも個人事務所では不可欠ともいえる、マネージャーらの売り込みに関しても、
「稲垣さん側から直接営業をかけることはせずに、あくまでオファーに対してイエス、ノーを返答するだけ。万が一のジャニーズタレントとのバッティングによる軋轢を避けるためだといいます。つまりは新規の仕事はしばらく受ける気がないのでしょう。
またレギュラー番組に関しては、ジャニーズとの“取り分”を含めて弁護士間での話し合いがもうけられるようです。
番組取材に関しては各番組の担当者が直接窓口になるといいます。草なぎさんや香取さんも同様のシステムをとっていくみたいですね。Iさんとの合流が既定路線だったはずですが……」(前出・芸能プロ関係者)
大手中国系企業ともパイプを持つI元マネージャーが、今年になって新プロダクションを設立。そのため3人は脱退後に移籍すると思われたが、実情は“まだ”のようだ。
「現在、IさんのもとにはSMAPの元マネージャー、宣伝担当をしていたスタッフらが続々と集まっているといいます。でも“芸能界のドン”こと大手芸能プロ社長が“(脱退者が)すぐに合流するのはよろしくない”と、釘を刺していたとも。たとえ1年間を開店休業状態にしても彼らは今後を見通してジャニーズに対して筋を通すことを考えたのかもしれません」(前出・芸能プロ関係者)
とはいえ、ひたすら前を向いて走り続けてきた彼らには、つかの間の休息期間になるのかもしれない。

<引用元 週刊女性>

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking
画像4⇒ gazouranking

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です