【ネタバレ有】「ON AIR オンエア 脳・内・感・染」感想と評価


onair
シチュエーションホラー「ON AIR 脳内感染」見ました。

なかなか面白い作品でしたよ!⇒ranking





ON AIR オンエア 脳・内・感・染」映画データ

【原題名】PONTYPOOL

【監督】ブルース・マクドナルド

【原作】トニー・バージェス

【出演】スティーヴン・マクハティ/リサ・フール/ジョージナ・ライリー/フラント・アリアナック

2008年 カナダ 97分

ON AIR オンエア 脳・内・感・染」ストーリー

小さな田舎町を襲った謎のウィルス感染の恐怖を描いた、新感覚シチュエーション・ホラー!雪深い田舎町の小さなラジオ局。かつて人気ラジオDJであったマジーは、ローカル番組を担当するほどに落ちぶれていた。しかしその日、静かな田舎町は想像を絶する惨劇により一変する。町中に出たレポーターが何百人という人々が凶暴化して暴れているという異変を伝えてくる。そしてレポーターの声は突然途絶え…。

「ORICONデータベース」より抜粋

ON AIR オンエア 脳・内・感・染」感想

原題「PONTYPOOL」とあるように、「PONTYPOOL」

という小さな田舎町で起こる恐怖を描いた作品。

主要3人物+1名が、ラジオの放送局内という狭い空間だけを

舞台に描いていきます。

最初は落ちぶれたDJマジーと、シドニーとアンの3人が

いつも通り、田舎町のラジオ放送を始めます。

事あるごとに衝突するマジーとシドニー。

微妙な空気の3人であることがわかります。

しかし、外でリポートをしているケンからのリポートで

現場の雰囲気は一掃します。

「人の群れが襲ってきている」

このあたりから、急に物語は熱を帯びてきます。

状況を知ろうとするマジー、冷静に振舞おうとするシドニー、

状況がどんどん悪くなるリポートをするケン。

一体外で何が起こっているのか?訳が分からない中で

生放送を続けていくマジーたち。

町はそして彼らはどうなるのか??

ホント、シチュエーションホラーですが、良くできてます。

何が起きてるかわからない緊迫感、どんどん悪化する状況、

襲ってくる人の群。

群はリポートの会話が主ですが、想像を掻き立てられます。

人々がある原因で「暴徒化」するわけですが、この原因が

なかなか斬新。

その原因は、書いちゃいますが「英語の言葉」

要は「その英語」の意味を理解したら感染してしまうという設定です。

なかなか斬新でしょ。

この解決方法はぜひ映画を見てほしんですが、なるほどねって感じ。

最後は絶望的フィナーレを迎えますが、でも救われた感のマジーとシドニー。

最後の最後、エンドロールにもご注目。

あの、白黒のマジーとシドニーは何なんでしょう???

評価 4点

★★★★☆

ON AIR オンエア 脳・内・感・染」予告編

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です