【映画】コロナで在宅勤務で起こりそうなホラー「ズーム/見えない参加者」

Pocket

前から楽しみしていた「ズーム/見えない参加者」

ちょうど在宅で「zoom」使ってる人も多いのでは?

なかなかに面白い作品でした。

 

衝撃映像




 

ズーム/見えない参加者:予告編

ズーム/見えない参加者(2020) イギリス 68分

原題 Host

2020年、新型コロナウイルスのパンデミックによる外出自粛などで世界的に一気に広まったWEB会議ツール「Zoom(ズーム)」を題材にした新感覚ホラー。ロックダウンされたイギリスを舞台に、Zoomを介して死者と交信を行う「Zoom交霊会」をはじめた男女6人が、次々と不可解な現象に見舞われる姿を描いた。新型コロナウイルスのパンデミックのためにロックダウン中のイギリスに暮らすヘイリーらは、仲間たちと週に一度はZoomで顔を合わせていた。ある時、ヘイリーが霊媒師をゲストに招き、みんなで「Zoom交霊会」をしようと提案する。仲間たちも賛同し、いつもの飲み会のノリで和気あいあいと交霊の儀式が始められるが、そのうちそれぞれの部屋で異変が起こりはじめる。ヘイリーらは恐怖から逃れようにもロックダウンのため屋外へ逃げ出すことができず……。

キャスト
ヘイリー・ビショップ
ラディーナ・ドランドバ
ジェマ・ムーア

監督/脚本
ロブ・サベッジ

引用先サイト 映画.com

あっという間に終わったなと思ったら、68分でした。

そりゃ短いわね。

最後に、映画の打ち合わせ時に行った際のズーム会議があるんですが

ここでもちょっと変なことが起こります。

これも怖いですが・・・

 

全編、「ズーム」で撮影されたというこの作品。

ズームを使って交霊会をしようという話。

まあまあ、やばい遊びだなと思いますが・・・

 

登場人物の紹介の後、交霊会が始まります。

ズームの良くあるフリーズや、切断などをうまく利用。

連絡つかなくなると「何かあったんじゃない?」と思わせる演出。

部屋で音がしたらPCもって動き回るとかも面白いですね。

なかなか怖い作品でした。

 

「アンフレンデッド」も同じようなシチュエーションホラーでした。

個人的には、「アンフレンデッド」のほうが好きかもです。

でも、このようなPCを使って遠隔で話す。

その場その場で怖いことが起こる。

というのは面白いですね。

 

「ズーム/見えない参加者」レビュー、口コミ、評価

ああ、タイムリー。
何が起こるのかな~。最後はどうなるのかな~。
中盤まではワクワクしたのですが。う~ん。
まぁ、こんなものかな?このスチュエーションでは、これ以上望めないか。
これを暗い劇場の大音響で観れば、パラノーマル系のようにビックリ怖いと思いますが。
自宅でみると、迫力がなくて・・・。
深いストーリーはありません。ただ、皆でzoomの降霊会。そのまんまです。

オンラインでみんなが面白半分で降霊会して悪い霊呼び寄せてしまって、手に負えなくなるやつ。いろんなところが曖昧、分からないことばかり。

不完全燃焼って感じでした。もっと掘り下げて作っても良かったのでは…

ロックダウン中のイギリスで友達とzoom交霊会をする話。
タイムリーだったからリアルさはあって面白かった。
女の子達の会話とか演技とは思えないリアルさ。
68分という短さなので気軽に観れる分は良いかも。

映画, ホラー

Posted by kazu