人の話を聞く際のポイント。ここを意識すれば相手がドンドンしゃべってくれます


Wing.

人の話を聞くにも、ちょっとしたコツがあります。

これをするだけで、話がどんどん入って来ますし、相手も

饒舌に話をしてくれます⇒ranking





しっかり話を聞く

相手の話を聞くのに、するべきことはこれだけ。

かなりシンプルですが、結構みなさんしてないみたい。

それは・・・

相手が話をしてる際に、相手の目を見て話を聞き

相槌を入れてあげる事。

これだけです。

でも、やってる人はかなり少ないです。

実際、人が話をしてる際には、自分のことを考え
次に何を話すかを考えてる人が多いようです。

これでは、相手も話す気を無くしますよね。

こういう「気」みたいなものは、相手に分かるように
なってますので、ご注意ください。

実際、僕も会社で週一に1人ずつ話をしてもらってます。

どんな話でもいいので、人前で話す機会を提供しています。
意外に、大勢の前で話す機会ってないんです。

最初は嫌がってたみんなも、慣れてくると「次に何を話すか?」
と、ネタを探すようになります。

この話を聞くのが非常に楽しいんですが、
そこで気づいたことがありました。

話をしだすと、その話し手は視線を動かしながら話をしだします。
私は、相手を見ながらしっかりと聞き、相槌を入れながら話を
聞くようにしています。そうすると、こちらを見ながら話を
してくれるようになります。

うなずいたりしながら聞いていると、徐々に話し手は落ち着き
そして、饒舌に話し始めます。聞いてくれているという安心感
なのかもしれませんね。

要は、相手に関心を持つこと。

これが、非常に大事なポイントです。

仕事でも、友だち関係でも家族でも、相手に関心を持って
接することで、今の周りの環境が大きく変わります。
人生が面白くなる秘訣の一つですね!

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です