ツキのある人生を送るには潜在意識を活用しよう!


nijijiji

みなさん、ツイてますか?!

どうせなら、ツキのある楽しい人生を送りたいですよね。

そんな、「ツキ」を呼ぶ簡単な方法を紹介します。⇒ranking





「ツイテル」人生の送り方

正直言って、私は「ツイテマス」

お化けがついてるとかじゃなくて、運がいい。

ツキがあるんです。

これ実は、斉藤一人さんの教えです。

斉藤さんは、「銀座まるかん」の創業者で、面白い

考え方を持っておられます。

その考え方やとらえ方を本にして発表されていますが

非常にユニークで激烈に効果があります。

斉藤さんは、「ついてる」と言いなさいと言います。

私はついてるんだ!と言葉に出して言いなさいと。

初めて読んだときは、「??」みたいな感じでした。

よく、「思えば現実になるよ」と言う話が合って、

「お金持ちになりたい!」とか思うんだけど実現しない。

ってことあると思います。

斉藤さんは、「言葉」に出しなさいと言われます。

で、約2年前から「ツイテル」を実践しました。

結果、ホントに良い事しか起こらない!!

ツイテル人生に変わりました。

  • 会社も売り上げが年々アップ
  • 廻りの仲間も楽しい人が集まってきて楽しい!
  • 欲しい物もすぐ手に入る
  • なんせ楽しい気分でずっといられる

なんでしょ、ストレスが本当にありません。

で、嫌なことも起こるんですが、それに引っ張られない。

その出来事の良い所を探そうとする自分がいます。

ホント、こんなに楽しい人生になってくるのは想像できませんでした。

何をしたのか?

「ツイテル」と言葉に出して、癖にしただけです。

じゃあ、なぜそれだけで人生がうまくいくんでしょう?

潜在意識の力

実は、この「ツイテル」と言うことがある物を作用させているんです。それが、潜在意識(無意識)です。聞いたことありませんか?

人には、顕在意識と潜在意識があります。

顕在意識とは、普段意識できる意識のこと。「ダイエットするぞ!」など自分で決意した場合それは顕在意識で決意しています(表面意識)

潜在意識は、私たちが意識できない意識のこと(無意識)

の2つの意識があります。

人間の意識のうち、顕在意識の占める割合は10%ほど。
潜在意識の占める割合は90%ほど。と言われています。

この潜在意識が重要なファクターになります。潜在意識をうまく使うことであなたの人生が良くも悪くもなります。ぜひコントロール法を覚えて、楽しくて幸せな人生に進んでいきましょう。

願いをかなえるのは潜在意識

顕在意識上で、「ダイエットするぞ!」と思ってみて長続きしません。3日坊主で終わってしまうことってよくありませんか?これは、潜在意識と顕在意識の考えがあっていないからです。

潜在意識は人間の意識の90%を占めます。この潜在意識下で「ダイエットする必要性」をしっかりと感じておかないと、まず長続きしないわけです。

例えば、「はじめての彼氏ができてどうしても来月までに痩せないといけない!」となった場合、毎日24時間それを考えるはずです。そうすると、潜在意識化にその理由が書き込まれていきます。そうなると、自然と無意識にカロリーが低い物を選んだり、ちょっとでも歩いてみようとしたりするようになります。

これが、潜在意識の力です。

だから、毎日「ツイテル」と言い続けることで、潜在意識に「自分はついてるんだ」と言うことが書き込まれていきます。そうすると、無意識に「ついてる」事を探し出します。ネガティブな人は「ダメダ」とか「何か悪いことが起こるかも」と思うことが当然になってるんで潜在意識もそのネガティブな言葉を書き込んでいます。だから「悪い事」を無意識に探し出してしまうんです。

非常に簡単な理屈ですね。とらえ方を変えるんです。考える癖を「ついてる」と考えるように癖づけるんです。宗教的だとかなんだとか批判する前に、楽しい人生を送りたいならやってみればいいのにと思うんですけどね。

まとめ

「ツイテル」と言いだしてから、本当に良い事ばかり起きています。悩むことが減り、嫌なことが減りました。そうすると、楽しい事、うれしいことが起こり始めました。今は楽しくて仕方ありません。まだまだ、ついてる人生になっていきそうです。

潜在意識をうまくコントロールすることで、人生はどうにでもなります。どうせなら楽しく素敵な人生を送りましょう!

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です