40歳からの転職のポイント

Pocket

877c8b7a18cc956b901260168feb9e18_s
会社を選ぶ際には、いろんな情報を見ていると思います。

転職はいつでもできる訳ですが、受け手の会社があって

初めて成り立つものです。

35以上になると転職が難しくなるといわれますが

40代になるとより難しくなります。

40代の方が転職する際のポイントとは?




 

40代からの転職は思う以上にきついです

40代からの転職はきつい

そんな言葉を良く聞きますが、実際にきついと思います。

かなりきついと思いますので心して転職してください。

 

なぜきついのか?と言われますと、企業は継続していくためにも

できるだけ若い方を採用したい傾向があります。

若い方に覚えてもらい長く働いてもらうことで、会社のノウハウの蓄積

などもできますし、リーダー候補にもスムーズに展開できます。

 

40代以上の方に求めるとすれば、その会社が補いたいスキルを

持ち合わせているかどうか?になると思います。

例えば、生産管理が機能していない、リーダーはいるがその上の

属長のような方がほしいとか。

 

とりあえずで採用してくれる企業はほとんどないと思ってください。

 

キャリアを活かせる転職は難しい

よく、キャリアヤスキルを活かすために転職する。

なんてことを聞きますが、実際はどうでしょう?

 

専門的・技術的職業や事務職などでは比較的若い年齢層が

望まれる傾向がある一方、40歳以上のミドル層、シニア層にも

比較的門戸が開かれている職業としては、事務職、サービス職、

販売職、生産工程・労務作業が挙げられます。

ただし、事務職、サービス職、販売職については、いずれも

7割以上が女性であり、男性に限ってみれば、40~44歳で多い順に

生産工程・労務作業、専門的・技術的職業、運輸・通信、

サービス職で約65%、45~49歳では同じく運輸・通信、生産工程・労務作業、

サービス職、販売職で約65%を占めているのが実情です。

All Aboutより引用

とあるように、少しやっていた程度のスキルでは

全く意味がないと考えた方がいいでしょう。

そのスキルに精通して初めて、キャリアを次の職場で

活かせる可能性が出てくるということですね。

 

紹介や人脈で転職する

私の知り合いの中で、40以上で転職して成功している方は

ほんの一握りに思えます。

ほとんどの方は、あまりに採用してもらえないので、焦ってしまい

給与面や待遇度外視で転職してしまい、後悔しています。

 

逆に転職して、今まで以上の給与や地位を得てバリバリ働いている方の

多くは、紹介やヘッドハンティングです。

 

40代で転職を考えるなら、周りの人脈にお願いするのも

重要な方法です。

お願いできる人脈を作るのが先ですけどね(笑)

転職サイトに登録する

人脈等がなければ、職業安定所や転職サイトへ登録し

地道に探す以外道はありません。

もし、気になる企業があるなら、ダメ元でもその会社へ連絡してみる

など行動力は必要になります。

転職サイトには、

マイナビエージェント

リクナビNEXT

この2サイトには登録しておきましょう。

 

内容もしっかりと登録しておくと、相手企業から声がかかることも

あります。詳細データをしっかり入力しておきましょう。

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です