職務経歴書で絶対に外してはならないたった1つのポイント


suteruo
職務経歴書を書く場合、あるポイントがずれていると採用担当者へ

上手く伝えることができません。

ただ、これまでの経歴をずらずら書いてしまっていませんか?

書類選考で大事なのは、相手が求めているものを書いているかどうかなんです。




その職務経歴書読みたいですか?

採用担当者も面接で応募されてきている方の履歴書や書類を丁寧に

全てをしっかり読んでいることはありません。

基本的には、全体的に目を通し、目に留まった際にしっかりと読み込みます。

これは、採用する側になれば、同じことをするはずです。

ということは、その会社の求めるキャリアや職種を考えず、ただ自分の

やってきた経歴だけを書いていても、合致しない場合は全く読んでもらえない。

そんな可能性もあるんです。

まずは、応募する会社の、求める人物像を把握し、それに合致する自分の経歴を

書き、採用担当者に見てもらう必要があります。

企業の求める職種を把握する

結構、ここがずれてる方も多いです。

まずは、会社の求人をよく読んで募集しているスキルや求める人物像を

しっかり把握してください。

その希望している物に合致しているかどうか?を自己分析しましょう。

そして、アピールできる点をまとめていきます。

例えば、営業職種であれば、以前の営業内容と実績をしっかり書く。

営業未経験でも、接客等の経験があれば、相手とのコミュニケーション

には自信あり等でもいいと思います、

なにはともあれ、しっかり自分をPRし、転職先で何ができるか?

または何をしようと思うか?などを伝えるようにしましょう。

どこでもいいからとりあえず面接に来ました。

と言う感じで面接に来る方も多いですが、

正直それはこちらにも伝わります。

基本的に、そのような方は採用されないと自覚しておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です