面接の最後、「何か質問はありますか?」に対する好印象な回答


29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s

採用面接の最後に絶対と言ってもいいほど聞かれるのが

「何か質問はありますか?」です。

面接を受ける方もそうですが、面接をする方も確かに最後の質問は

この質問になるな~と感じています。

でも、この質問にちゃんと答える方は非常に少ない。

ここのポイントでかなり印象は変わりますよ。




何か質問ありますか?に対する良い答え悪い答え

最後の質問、「何か質問ありますか?」

これは、最後の砦でもあります。

良くあるのが、

「聞きたいことはすべて聞きましたので大丈夫です」

の答えですが、面接官側では、興味がないんだなと感じてしまいます。

また、

「休みはちゃんと休めますか?」

「残業は少ないですか?」

などの質問は、プラスにはなりません。

これらは、その前の段階で聞いておくべきことです。

以前にあったのが

「○時までの残業なら自分の都合上大丈夫です」

と言った方がいました。他で頑張っていただくよう促しましたが。

最後の質問は、結構重要なポイントになります。

ここで、すべてが台無しになる方もいます。

良い質問を返すよう、考え用意していく方が絶対にいいです。

例えば、

「御社の1日の仕事の流れを教えてくれませんか?」

「御社で活躍するために、一番大事な資質は何ですか?」

「御社で一番大切にしていることはなんですか?」

などなど、志望する会社に対しての興味をぶつけること。

これが重要だと思います。

その回答によっては、自分の考えと会社の考えとが合わない

と言うことが分かる場合もあります。

事前にある程度の準備をして、面接に望むことが

重要な点だと思いますよ。

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です