年齢別の転職の需要


転職したい!と思っても、

相手先に受け入れがないと成功しません。

当然、年代によって求職先も大きく違います。

これは、求職先が何を欲しているか? によるものが多いわけです。

今回は、年代別の転職需要を紹介します。




30代の転職

30代といっても、前半と後半とでは社会における位置づけも大きく違います。

そのため、転職する場合、新たに受け入れる企業が求める条件も異なるのです。

一般的に、30代はいちばん転職しやすい時期にあり、

転職市場での 需要も大きいといわれています。

30代前半は、企業にとっては成長途上にある人材であるとともに、

即戦力としての能力も期待されます。

それまでの職場で培った経験がどれだけ生かせるかがポイント。

それは転職を希望する側も望んでいることです。

一方、30代後半になると、過去の職場での実績が重要視されます。

また、将来、管理職としてやっていけるかどうか、

まわりとの協調性なども含め、総合的な能力が求められるのです。

40代の転職

40代になると、転職の条件は30代よりも厳しくなります。

40代は、家庭においても子どもの教育費や住宅ローンなど、

いちばんお金のかかる時期でもあります。

そういう大切な時期にあえて転職をするのですから、

実際、 転職のための行動を起こすことはかなりの勇気が必要です。

本人が転職したいという目標をもつことは大切ですが、

そのために 経済的基盤を失うというリスクがあまりにも大きいからです。

受け入れる企業側も、40代には30代以上の即戦力を求めています。

もちろん、年齢に見合った給料を払う以上は、短期間で

企業側の利益に なることを期待しても当然だといえます。

そういう意味でも、40代での転職はお互いにプラスになる出会いにしたいですね。

50代の転職

「人生50年」といわれていたころは、50代になると人生の最終章に入っていました。

また、定年退職の年齢も50歳あるいは55歳という時代も長くありました。

現在は、60歳定年の企業が多く、その後も嘱託として継続雇用するというケースや、

別の企業に再就職する人が増えてきました。

その背景には、結婚の高齢化による人生設計のズレもあり、

年金受給までの定期的な収入が必要なこともあります。

また、自分のいきがいを仕事に求めるケースも少なくありません。

50代の転職は、解雇や早期退職勧告などがきっかけの場合もあります。

しかし、常に前向きの気持ちをもつことが大切で、

それによって転職の道が開けるといっても過言ではないでしょう。

まとめ

年代によって、受け入れる企業側のニーズが大きく変わります。

やはり、職場において、様々なスキルを身に着けておくことが、

転職をしやすくすることは間違いありません。

どんな職場でも、目の前にあることを一生懸命することで 道が続いていくように思えます。

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です