成功する転職の仕方


転職は、やり方次第では、天国にも地獄にもなります。

ちょっとの違いで大きく差が開いてしまう理由。

そんな、転職をうまく成功させるコツを紹介します。




退職しないで転職活動をする

よくありがちなのが、退職してから転職活動を行うこと。

今の会社を辞めてから、じっくりと転職先を探したい。
そう思うのもわかりますが、実はこれが落とし穴。

実際は仕事を続けながら転職活動をした方が転職先にも有利に働きますし、
心にも余裕をもって探すことができます。

辞めてしまうと、「早く探さないと!」と焦りが生じ、
追い詰められてしまうこともしばしばあります。

これは、会社を辞めて無職となると、たちまち収入が無くなります。

雇用保険の失業給付金もありますが、自己都合で退職すると、
3ヶ月間は失業給付金を受け取れませんのでご注意を。

また、保険も国民健康保険と国民年金に切り替わるので負担は増えます。

転職先を探すなら、在職しながらじっくりと自分の希望に合った転職先を

探すことが成功の第一歩です。

退職する理由が明確

退職する理由を明確に持つことも大事です。

ただ、面白くないから、なんとなく、などの理由で辞めていては
どこに行っても長続きはしません。

転職に成功されている方は、退職理由が明確になっている方が多いです。

例えば、「残業が多すぎて家族とすれ違ってしまい、それを変えたい」とか、
「経営者との考え方が合わず、力にはなれないと感じたから」とか、
「給料をもっともらいたい」などですね。

退職する理由に正解も不正解もありませんが、「働くことが嫌で辞める」
ような理由ではどこに行っても相手にされないことは理解しましょう。

まずは、自分の退職理由をしっかり分析し、転職先でも同じ失敗を
繰り返さないようリサーチすることが大事です。

希望の条件を把握する

転職するに関して、今の職場での不満、または転職先に
見出した条件などがあると思います。

今の職場に対しての不満(給料や時間など)で転職を希望するのであれば、
自分の希望する条件をはっきりさせましょう。

例えば、

  • 給料は年収で450万は欲しい
  • IT関連の業種
  • 転勤がない職場
  • 通勤1時間以内

などなど、いろいろあると思います。

まずはそれらを書き出し、その条件になるべくあった転職先を
探すようにすると、失敗する確率は減ります。

当然、すべてが合致するようなことはまれですので、自分の
希望する条件の中で、妥協できる部分とできない部分を
明確にすることも大事です。

応募企業を1社に絞らない

これは意外かもしれません。

しかし、応募する会社は1社ではなく、数社に増やすべきです。

行きたい会社が明確になると、そこに固執しがちですが、応募する企業は
二社・三社と増やすことをオススメします。

何社か面接すると、面接に慣れてくるのも一つの理由ですが、いくら自分としては本命だとしても、
その会社で雇ってもらえるかは別問題です。

それに、試しに受けた会社が、面接で話を聞くと非常に自分の条件に合った会社で
今は楽しく働いているという方も多いのも現実です。

できるだけ複数の企業に応募しておきましょう。

様々な転職手段を利用する

転職するには、求人募集をしている会社を探すことはもちろん、
その会社に関する情報も必要です。

会社によっては、職業安定所にしか出さない、決めた媒体にしか出さないなど
そこでしか見つけられない情報もあるので、情報収集は必須です。

雑誌や広告などで探すのは現地での会社を探すにはもってこいですが、
転職サイトに登録するのもメリットがあります。

大型の求人サイトといえば、『リクナビNEXT』や『Indeed』が有名です。

まとめ

せっかくの転職も、焦ってしまっては意味がありません。

まずはじっくりと腰を据えて、自分の未来を考えながら
転職先を探してみませんか。

転職成功の第一歩は、じっくりと考えて行動すること、

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です