履歴書を書くならココを押さえろ!禁断のポイント紹介します


photo_00445

転職活動で欠かせないのが履歴書です。

この履歴書が、転職先との最初の重要なステップ。

この履歴書の書き方で、採用が大きく変わるのを知っていますか?

今回は、履歴書を書くための禁断のポイントを紹介します。




市販の履歴書を使用する

履歴書は市販のものを使用しましょう。

最近では、ネットでもダウンロードできますので、できるだけ

市販のものとレイアウトが同じ物を選びましょう。

手書きは重要!

パソコンが普及したと言っても、履歴書は手書きがいいと思います。

パソコンで入力した履歴書は、見やすさはいいのですが、

使いまわし感は半端ありません。

「手書きで丁寧に書く」ことも、転職先に、良い印象を与えます。

空蘭は埋める

履歴書には、名前や職歴以外に、趣味や志望動機など

書く欄がいろいろとあります。

この辺りを書かない方もいますが、その場合、他の志望者と

比較された際にほぼ選ばれないことを理解してください。

書くべきところに書けない(書かない)ということは、

仕事もその程度しかできないという印象を与えます。

履歴書の使いまわしをしない

意外に多いのが、履歴書を使いまわしている人。

これ、見る人が見ればすぐにわかります。

転職先に、とりあえずどこでもいいという印象を与えます。

履歴書の使いまわしは辞めましょう。

写真はできるだけスタジオで

写真はスタジオで撮るのが理想ですが、なかなか難しいかもしれません。

最低でも、スピード写真を使いましょう。

修正はNG

履歴書を書いていて間違えたら、修正していませんか?

これはNGです。相手に良い印象を与えません。

間違えたら、新しく書き直しましょう。

また、誤字脱字がないかもチェックしましょう。

学歴・職歴は正確に書く

学歴は、中学、高校から書きましょう。面接時に話題になるかもしれません。

また、職歴は正確に書いてください。ウソを書いても、入社時にはわかります。

嘘を書いて入社した場合、最悪、退社させられる場合もあります。

まとめ

履歴書は、転職先との最初の架け橋です。

だからこそ、丁寧に書き、自分のことをしっかりと伝えないといけません。

相手に自分の意思が伝わるくらいしっかり書くようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です