寝てもすぐ起きる・・これって、睡眠障害の中途覚醒の症状?!


Pocket

眠りにつくけどすぐ起きてしまう。

そんな症状ありませんか?

もしかすると、それは睡眠障害かもしれません。


中途覚醒

睡眠障害の中で、中途覚醒という症状があります。

中途覚醒とは、眠りに入っても、何度も起きてしまい、熟睡できない症状。

数日に一度、途中で目が覚めてしまうのは誰でもありますが、

一晩に何度も起きてしまったり、起きてしまうとなかなか

眠れなかったりする症状が毎晩続くようであれば中途覚醒を疑いましょう。

中途覚醒の特徴は、布団に入ると眠ることができるのに、毎晩のように目が覚めてしまう。

この症状は、睡眠の質も下げるので、熟睡できず、疲れも取れにくくなります。

この中途覚醒の原因は何なんでしょう?

中途覚醒の原因と対策

中途覚醒の主な原因としては

  • アルコール
  • ストレスや悩み
  • 病気・その他

と大きく三種類に分けられます。

ストレス・悩み

非常に多くの方が影響されているのがストレスではないでしょうか?

私も、イロイロ悩んでいると眠れなかったり、眠りが浅かったりします。

対策としては、ストレスを発散するのが一番良いです。

でも、なかなか簡単では無いですね。

私は、眠る際にできるだけリラックスできるように、

ハーブ系のお茶や香り、音楽、睡眠サプリなどを利用しています。

これだけでも、かなり効果がありましたよ!

アルコール

アルコールは眠るのに最適!と思ってましたが違うようです・・・

どうやら、アルコールの量に問題があるようです。

少量ならいいようですが、飲みすぎるとアルコールが醒めた反動で目覚めたり、

利尿作用があるので、夜中にトイレに行きたくなります。

これが中途覚醒になるんですね。

ですから、夜寝る前のお酒は少量にとどめるのがベストです!!

病気・その他

睡眠時に呼吸が止まる、睡眠時無呼吸症候群(SAS)や、

寝ている間に手足がピクつく周期性四肢運動障害という病気なども

中途覚醒の原因です。

病気の場合は、早めに医療機関へ行ってその症状に応じた対策を

とることが中途覚醒の改善の近道です。

中途覚醒の対策

中途覚醒の対策は、まず原因をしっかりつかんで、原因に合った対策をすることが一番の近道になります。

アルコールなどが原因の中途覚醒の場合は、アルコールの量を調整してみてください。

ストレスなどの場合は、軽い運動、趣味、などストレス発散を。

病気などの場合は、早めの診察を受けるようにしましょう。




スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です