睡眠時間が短くても大丈夫!?ショートスリーパーって何?


睡眠が十分にとれないと、翌日に疲れが残ったり、昼間に眠くなったりと

いろんな弊害が出てきます。

通常、約7~8時間の睡眠が必要と言われますが、中には短時間寝るだけで元気!

なんて人も周りにいるのでは?

じつはこれ、ショートスリーパーと呼ばれる体質のこと。

逆に、9時間以上寝ないとダメな人はロングスリーパーと呼ばれます。

今回は、ショートスリーパーについて調べて見ました!

ショートスリーパーの原因

日本人の80~90%は、8時間程度の睡眠が必要ですが、

後の5%程度がショートスリーパーで6時間以下の睡眠で

充分に活動できる方がいます。

芸能人では、明石家さんまさん、上戸彩さんなどが有名です。

2~3時間程度の睡眠で大丈夫!とのこと。

ちょっとうらやましいですよね。

このショートスリーパー、原因は何か?と調べてみると

どうやら、遺伝子が原因であることが分かってきたんです。

2009年にアメリカのカリフォルニア大学で、ショートスリーパーの

研究をしていたところ、体内で共通して「DEC2」と呼ばれる遺伝子が

突然変異を起こしていることを発見。

DEC2は人間の体内時計を制御している時計遺伝子だそうで、

この遺伝子が突然変異を起こし、睡眠中の脳の疲労回復や情報整理を

短い時間で済ませることができるようになったのではないか?との結果が出ています。

しかしながら、このショートスリーパーになる道は遺伝子だけ

ではないようですよ。

目指せ!ショートスリーパー!

では、ショートスリーパーになる方法です。

要は、睡眠時間を短くすればいいわけですが、急に睡眠時間を

減らしても、睡眠不足になるだけで、何の効果もありません。

まずは、ゆっくりと睡眠時間を減らしていく必要があります。

睡眠時間を減らすには、

最低でも3週間おきに30分ずつ睡眠時間を減らしてください。

起きる時間は変えずに、睡眠時間だけを3週間ごとに

30分ずつ遅らせていきましょう。

ただし、体が慣れない、寝起きが悪い、疲れが取れない、眠気がある、

などの症状があれば、もう1週間その睡眠時間で様子を見てから次の段階に

進むか進まないかを判断しましょう。

睡眠時間を30分短くしたはじめの1週間はかなりしんどいかもしれません。

昼間に強い眠気があるかも・・・

でも、その眠気が夜の寝つきを良くしてくれます。

まずは、我慢ですぞ~~~

通常、この睡眠時間になれるまでに約6ヶ月はかかります。

しかし、30分減らして睡眠しても、眠い、しんどいなどの症状が

1か月続けば、その時間ではあなたの体が持たないということです。

無理に、睡眠時間を削る必要はありません。

体が慣れてくるようであれば、ショートスリーパーになれるかもですよ!

スポンサーリンク

スポンサードサイト

スポンサードサイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です